VIO​脱毛!?

Tecchan's room

ヘッディング 2

男性のムダ毛処理と言えば「ヒゲ」がメジャーです。

実はメンズ脱毛の人気部位ランキングでは1位のヒゲに次いで、アンケートによってはVIOが2位にランクインするほどVIO処理が定着してきています。

 

メンズ向けのVIOラインの脱毛に関する相談に来られる動機はさまざまですが、『自分自身が陰毛のモジャ感が気になった』という理由の方が比較的多くいらっしゃいます。海外ではVIOの処理は当たり前とされ、渡米する日本のスポーツ選手も行く前に処理する、なんて話をきたことがある方もいるのではないでしょうか。

Vライン

基本的には太ももの付け根付近のゾーンをVラインと呼び、ご要望によって陰毛部分も脱毛が可能です。

太めの毛がびっしりと生え揃い、色素沈着によって黒ずんで見える男性もいらっしゃいます。

処理をしても、再び伸びてきた場合には短いムダ毛が下着や皮膚に当たって痛いことがある悩ましいエリアです。

最近では、処理の難しさからプロによる施術が人気を集めています。

 

Iライン

玉毛・玉毛と肛門の間のゾーンと竿をIラインと呼び、人によっては太めの毛がかなり高い密度で生えている場合があり、自分で満足な処理をするのが難しい場所でもあります。

もし本格的に処理する場合には、竿・竿の付け根の毛の脱毛は対応していないサロンもあるので、施術が可能か事前に確認しましょう。

 

Oライン

肛門周りの範囲のゾーンです。

スポーツをしていると太いムダ毛がお尻の内側が擦れて痛いこともありますが、太めの毛質で、自分で処理をするのが難しい場所でもあります。

かなりの密度で生えている方もいるので、人知れず悩みを抱えている方も多い傾向にあります。

 ちなみにOラインするならお尻も(笑)しますよね?

 

おしり

太もも裏の付け根から腰の下までの範囲全域です。

人によってはかなり多いムダ毛が生えている方もいらっしゃいます。

鏡を見ないとわからない場所のため、ふと気づいて唖然とするという方が多く、体制を捻って処理する必要があるため自分での処理が難しい場所です。

剃って処理をすると、色素沈着して黒ずみが増すので、対処方法が難しい傾向にあります。

潜在的に高いニーズがあるVIO脱毛ですが、日本全国的に見ると陰部脱毛ができるサロンはまだ少なく、男性の玉や竿・肛門周りまで脱毛ができるサロンはまだほとんどないのが実情です。

日本でも女性の場合には、すでに約半数が陰毛処理を経験しているというデータがあります。

この傾向からも、今後は世界的に見て陰毛が濃い傾向にある日本人男性の間にもVIOの脱毛施術が徐々に広がっていくことが予想されます。

また、整えられていない男性の陰毛に抵抗があるという女性も増えてきているのが実情です。

ヒゲなどの身だしなみと同じように、陰毛処理も行ったほうがパートナーに好印象を与えられる可能性があります。

外国と日本では、陰毛処理に対する感覚が異なる場合があります。

例えばアメリカでは、パイパンやハイジニーナと呼ばれる「陰毛の全処理」をしている男性が多くいるようです。

全剃りはしなくても、毛足をカットしたり、陰毛の形を整えていたりしている人がほとんどだそうです。

また、「自分は手入れをしているのに相手がしていないというのは抵抗がある」という、パートナーを思いやるような理由で陰毛処理を行う男性も多くいます。メリットとしてはたくさんありますが

​ムレない

VIOを処理することで、陰部のムレを防ぐことができます。

男性は女性と比べてズボンを履くことが多く、スカートのような通気性のいい衣服などが少ないものです。

特に夏などには陰部がムレやすく、臭いやかゆみなどを引き起こす恐れがあります。

 

陰茎が大きく見える

陰毛を処理することで、陰毛に隠れていた陰茎が見えるようになり、今までより陰茎が大きく見える可能性が期待できます。

陰茎の大きさにコンプレックスがある人や、男性としてもっと自信をつけたいという人は、一度陰毛を処理してみるのもおすすめです。

 

絡まない

男性の方はわかると思いますが、チャックや、色々と絡んだり、巻き込み事故が無くなります。

陰毛が部屋に散らかることがなくなる

気づかないうちに陰毛が抜け落ち、部屋に散らばっているという経験をしたことがある人は多くいるのではないでしょうか。

陰毛に限ったことではありませんが、体の毛は一定の周期で入れ替わり、その際に自然と抜け落ちます。

髪の毛であれば気にならなくても陰毛となると不潔感があり、人が部屋に来た時に陰毛が落ちていると不快感を持つ人も多くいます。

 

性行為が気持ちよく感じる

陰毛を処理していると性行為時に陰毛による抵抗が減り、肌と肌の接触が増えるため、感度が増すと言われています。

また、性行為だけではなく、オーラルセックスにおいても露出している肌の面積が増えるため、気持ち良さが増す可能性があります。コンドームにも毛が絡まない。

トイレ時

トイレでお尻を拭く際、楽だという声を聞きます。あとウォシュレット後、拭くときペーパーが絡まない、ペーパーの使用量がへる等。とある方の話で、肛門周りの毛が濃く、綺麗に拭き取れないからウォシュレットを使いたいが、住居もトイレにウォシュレットがついていないため、毎朝、会社まで我慢してた...なんて苦労話も(会社休みの日どうしてたんだろ...?)

 

〒870−0844 大分県大分市大字古国府166−1

​             カーサいづみ405号

駐車場は入って奥左手

​25番へお停めください

© 2020 by S motion. Proudly created with Wix.com